品川区会計年度任用職員(学芸研究)の募集を行います。

品川歴史館では品川区会計年度任用職員(学芸研究)の募集を行います。 会計年度任用職員とは「地方公務員法」に基づき、一定の期間内に終了することが見込まれる業務に、あらかじめ任期を定めて採用する職員(パートタイム)です。 詳しい募集案内は、品川歴史館のホームページをご覧ください。

特別展「変わりゆく品川の風景」を開催中です ー 11月5日(金)から後期展示になりました

品川歴史館では、特別展「変わりゆく品川の風景」を10月9日(土曜日)から12月5日(日曜日)まで開催します。 ※11月5日(金曜日)から後期展示になりました。 本展では、変わりゆく品川に焦点を当てて、江戸から昭和までの時代の中で、品川の風景がどのように変化したのか、浮世絵や近代版画といった絵画や写真などの資料を使って展示します。 開催期間:10月9日(土曜日)から12月5日(日曜日) 開館時間:午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで) 休館日:月曜日 観覧料:一般300円/小・中学生100円 ※20人以上の団体は2割引。 ※70歳以上の方、障害のある方、品川区立・区内在住の小中学生は無料。 ※特別展開催中は、常設展の観覧料も上記の観覧料になります。 会場:品川区立品川歴史館 ※会期中に展示資料の入れ替えがあります。 ※新型コロナウイルスの感染状況によっては開館日に変更が生じる可能性があります。 【学芸員による展示解説】 日にちとテーマ 10月16日(土曜日)「江戸と東京の名所・品川」 11月13日(土曜日)「関東大震災前後の品川」 12月5日(日曜日)「写真が記録した品川の発展」 時間:いずれも午後2時から3時 定員:30名(先着順) 参加方法:当日、直接品川歴史館2階講堂へお越しください。※観覧料が必要です。  

品川歴史館再開のお知らせ

品川歴史館は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和3年4月27日(火曜日)から臨時休館しておりましたが、6月1日(火曜日)から再開いたしました。 ご来館の際は品川歴史館ホームページをご覧になってからご来館いただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

おうちミュージアムをのぞいてみませんか?

「おうちミュージアム」は、北海道にある北海道博物館が新型コロナウイルス感染拡大によって学校が休校したことをきっかけに「学校がはじまるまでのあいだ、おうちでミュージアムをたのしもう」と発案した企画で、品川歴史館もその趣旨に賛同して開設しています。 昔の道具や考古学をモチーフにしたペーパークラフト、絵あわせ、すごろくなどのおうちで簡単に作れるものや楽しめるものをホームページに公開しています。 また、学芸員が品川の歴史について説明している動画も公開しています。 ぜひおうちでも品川歴史館を楽しんでください。 「おうちミュージアム」は、品川歴史館のホームページをご覧ください。

Souvenir gifts

Along with the opening of “Kokosil Shinagawa・Omori Shell Mounds” on February 1, a commemorative gift will be given to the first 1,000 people who have obtained all five stamps at the stamp rally of this application. If you have completed the stamp rally, please show the screen below at Shinagawa Historical Museum. You can get souvenirs. When you have received the souvenir, the person in charge of the Shinagawa Historical Museum will push the “Received” button. (First come first served, number is limited)* Please confirm the closed days on the Shinagawa Historical Museum homepage in advance.